車 査定 オンライン

中古車一括査定

中古車一括査定について

 

中古車一括査定をご存知ですか?
言葉の通り、中古車一括査定は、査定を一括で行ってくれるサービスのことをいいます。
近年、インターネットで車査定ができるようになり、
一括査定はそのネットで行うサービスです。

 

 

一括査定の良いところは、
・わざわざ専門店に行く必要があない
・数社の業者と価格を比較できる
・無料なので何度でも査定可能

 

 

主に3つの点が挙げられます。
やはり、ネットで簡単に査定ができるので、
わざわざ専門店まで足を運ばなくて良いのは、一括査定の大きなメリットになりますね。
家にいながらも、数社の業者と見積もりを比較できるので、手軽なのも大きなメリットでしょう。
実際に足を運んで査定をしてもらうとなると、どうしても各専門店に出向かなければいけません。
近くに必ずしも数店舗専門店があるとも限りませんし、時間も必要になります。
それを考えると、ネットでできる一括査定は、便利でラクな査定方法といって良いでしょう。

 

 

もちろん、サイトによって多少メリットが異なりますが、
なかには最大9社の無料見積り比較でポイントが贈呈されるサイトもあるので、
少しでもお得に査定をしてもらいたいのであれば、そういったサイトを選ぶのも良いでしょう。

 

 

ボーラ(フォルクスワーゲン)とは

 

 

ボーラ(フォルクスワーゲン)とは、
フォルクスワーゲンが過去に販売していた自動車です。
登場は、1988年。
ヴェントの後継車種として登場し、
ゴルフとパサートの中間に位置するCセグメントです。
種類は、4ドアセダン・5ドアステーションワゴンとあり、
プラットフォームは、4代目ゴルフと共有しています。
プラットフォームは、「Aプラットフォーム」と呼ばれていました。

 

 

 

ボーラという車名は、アジア地域と欧州での名称になるため、
各地域によって車名が異なります。
そのため、北米ではヴェント/ボーラともに
「ジェッタ」を名乗っていました。

 

 

また、ステーションワゴン仕様は、
・北米=ジェッタ・ワゴン
・欧州=ボーラ・ヴェリアント

 

 

として、2001年に発売されました。
このモデルのボディ対寸等は、
基本的にゴルフ・ヴァリアントに準ずるものになっており、
パーツもほとんどを共有していました。
しかし、日本には導入されませんでした。

 

 

 

ボーラは、内外装ともに先代よりも高級感を強めているのが特徴です。
これにより、差別化に成功。
一方で後部座席の居住性やトランク容量は、
大きいことで犠牲となってしまいました。

 

 

車 売却

 

 

ホライゾン(ホンダ)とは

 

ホライゾン(ホンダ)とは、
ホンダが過去に販売していたSUV型自動車です。
いすゞからOEM供給を受けており、
クリオ店で販売されていました。
米国でも販売されていましたが、アキュラの販売網で、
「アキュラ・SLX」という名称で販売されていました。

 

 

ビッグホーンのOEM供給で、外観・内装の変更点は小さく、
グリルを変更している程度になります。
ボディカラーやアルミホイールは、
ホライゾン専用のものが設定されていました。

 

 

 

エンジンは、
・直4 3.1Lインタークーラーターボ・ディーゼル
・V6 DOHC 3.2Lガソリン

 

 

が設定されていました。
4速ATと組み合わされています。
ちなみに、ディーゼル車には5速MT設定もありました。
グレードに至っては、どちらもロータスのチェーンモデル
「ハンドリング・バイ・ロータス」
「ハンドリング・バイ・ロータス SE」の2グレードでした。

 

 

 

1998年にビッグホーンがマイナーチェンジされ、
それに伴いホライゾンもマイナーチェンジされました。

 

 

マイナーチェンジでは、
・ディーゼル=直4 DOHC 3L 直噴インタークーラーターボ
・ガソリン=V6 DOHC 3.5L

 

 

と、エンジンが変更されました。

 

自動車 処分

ティーダ(日産)とは

 

ティーダ(日産)とは、日産のハッチバック型乗用車です。
日本と海外で生産・販売されており、
日本では2004年〜2012年まで、
海外では現在もなお、継続して販売されています。

 

 

ティーダは、既存モデルの後継車ではなく、
新開発の車種として誕生しました。
しかし、ティーダの登場前後に、
「サニー」「パルサー」が廃止されていることから、
実質的にはそれらの後継車と言われています。
そのため、なかには、完全に後継車扱いにしている市場もあるとのこと。

 

 

 

プラットフォームは、ルノーと共同開発した、
アライアンス・Bプラットフォームを採用しています。
ホイールベースを大幅に延長し、使われました。
ボディサイズは、全長4205mm・全幅1695mm・全高1535mm。
ホイールベースは2600mmになり、大型クラスのわりには、
5ナンバーサイズを堅持しています。

 

 

エンジンは、
・低/中回転域トルク
・燃費性能
・環境性能

 

これらを従来のQG型から大幅に向上させています。
そして、新開発のHR15DE型・直4気筒1.5Lエンジンを搭載。

 

 

トランスミッションは、4速ATお新開発CVTを用意しました。
ただし、e-4WDシステム搭載車には、CVTとe-4WDのマッチングが良くなく、
CVTは設定されませんでした。
よって、4速ATのみの設定となりました。

セドリック(日産)とは

 

セドリック(日産)とは、日産の上級セダンです。
1960年から2004年まで製造・販売され、
歴史の古いモデルになります。

 

 

姉妹車は「グロリア」
同クラスの「クラウン」とは、
自家用車やタクシー、パトカー、教習車などとしても、
長年の競合車種になります。
セダン型をはじめ、ハードトップ型、
ライトバンおよびワゴンがラインナップされました。
3代目以降は、「グロリア」と併せて「セド・グロ」と呼ばれていました。

 

 

 

初代モデルは、ライセンス生産をしていた
「日産・オースチンA50エンブリッジ」に代わる、

 

 

純国産中型乗用車として開発されました。
ラップアラウンドウィンドウが特徴的で、
他にも
・縦型デュアルヘッドランプ
・テールフィン

 

 

など、アメリカ車の影響を強く受けたスタイリングになっていました。
最初のマイナーチェンジは、1961年9月。
フェンダーとフロントグリルの形状が変更されました。

 

 

最終モデルは、10代目になります。
1999年に登場し、
新世代LLクラスプラットフォームがベースとして採用されました。

 

 

 

ちなみに、7代目モデルは現在も継続して販売されています。
ただし、現在は営業車として使われています。